close

  • ■ 刺胞動物(しほうどうぶつ)

    刺胞(しほう)とよばれる毒液を注入する針を備えた動物の総称。クラゲやイソギンチャクやサンゴなどをさします。

  • ■ 褐虫藻(かっちゅうそう)

    サンゴの体内に共生している植物プランクトンのことで、渦鞭毛藻類(うずべんもうそうるい)と呼ばれる仲間のことをさします。

  • ■ 石灰質

    炭酸カルシウムという成分を主成分として構成されているもののこと。サンゴの固い骨格(こっかく)などは、石灰質で形成されています。

  • ■ 造礁(ぞうしょう)サンゴ

    イシサンゴと呼ばれるサンゴの仲間の中で、群生(ぐんせい)してサンゴ礁をつくることができる種類のこと。

  • ■ 無性生殖(むせいせいしょく)

    雌雄(しゆう)に関係ない生殖方法で、体の一部から新しい個体を増やすことができます。分裂や出芽(しゅつが)といった方法など増え方は様々です。(対義語、有性生殖)

  • ■ 有性生殖(ゆうせいせいしょく)

    雌(めす)のもつ卵子(らんし)と雄(おす)の持つ精子が受精することにより、新しい個体を増やす生殖方法。(対義語、無性生殖)

  • ■ 分裂(ぶんれつ)

    1個体がほぼ同大の2つ以上の個体に分かれてふえること。細菌・原生動物・サンゴ・イソギンチャクなどでみられる。

  • ■ 再固着(さいこちゃく)

    強い波や流れなどで折れたサンゴが岩盤上で成長し、しっかりと固定されている状態。

  • ■ プラヌラ幼生(ぷらぬらようせい)

    刺胞動物(しほうどうぶつ)などの受精卵が成長すると、体表に繊毛(せんもう)が生じて泳ぎ始めます。このころの幼生ことをプラヌラ幼生といいます。

  • ■ 斃死(へいし)

    動物が突然死んでしまうこと。

  • ■ 母サンゴ(ははさんご)

    サンゴ返還プロジェクトで、移植用サンゴの元となる折る前の大きなサンゴ。母サンゴから折ったサンゴ片を、沖縄の海へ移植している。移植用サンゴと母サンゴは同じ遺伝子型(DNA)のため、クローンとなる。サンシャイン水族館での呼び方。

  • ■ 活着(かっちゃく)

    枝打ちしたサンゴがしっかりと土台や岩盤につくこと。

  • ■ 親サンゴ(おやさんご)

    サンゴ礁再生プロジェクトで、産卵させるために育てているサンゴ。サンシャイン水族館での呼び方。

  • ■ サンゴの加入量を増やす

    サンゴの加入とは、有性生殖によって誕生したプラヌラ幼生が海中を遊泳、海底や岩盤に着底し、ある海域に新たに加わることを指します。健全なサンゴ礁では有性生殖による加入する量と、死滅による減少する量のバランスがとれていますが、現在自然界のサンゴ数が減少しているため、有性生殖により新たに加入する量が少ないことがサンゴ礁保全の課題となっています。

  • ■ 優占種(ゆうせんしゅ)

    色々な生物が集まっている環境の中で、最も数が多い種類のこと。

  • ■ バンドル

    サンゴの卵。卵子と精子が入った2mmぐらいのカプセル。海面ではじけて受精します。

  • ■ 個体識別(こたいしきべつ)

    1個体1個体を区別すること。

  • ■ ひび建て式

    海底に鉄筋とパイプを立て、そこに育成させるサンゴをセットしていく方法。

刺胞動物(しほうどうぶつ)

刺胞(しほう)とよばれる毒液を注入する針を備えた動物の総称。クラゲやイソギンチャクやサンゴなどをさします。

褐虫藻(かっちゅうそう)

サンゴの体内に共生している植物プランクトンのことで、渦鞭毛藻類(うずべんもうそうるい)と呼ばれる仲間のことをさします。

close

石灰質

炭酸カルシウムという成分を主成分として構成されているもののこと。サンゴの固い骨格(こっかく)などは、石灰質で形成されています。

close

造礁(ぞうしょう)サンゴ

イシサンゴと呼ばれるサンゴの仲間の中で、群生(ぐんせい)してサンゴ礁をつくることができる種類のこと。

close

無性生殖(むせいせいしょく)

雌雄(しゆう)に関係ない生殖方法で、体の一部から新しい個体を増やすことができます。分裂や出芽(しゅつが)といった方法など増え方は様々です。(対義語、有性生殖)

close

有性生殖(ゆうせいせいしょく)

雌(めす)のもつ卵子(らんし)と雄(おす)の持つ精子が受精することにより、新しい個体を増やす生殖方法。(対義語、無性生殖)

close

分裂(ぶんれつ)

1個体がほぼ同大の2つ以上の個体に分かれてふえること。細菌・原生動物・サンゴ・イソギンチャクなどでみられる。

close

再固着(さいこちゃく)

強い波や流れなどで折れたサンゴが岩盤上で成長し、しっかりと固定されている状態。

close

プラヌラ幼生(ぷらぬらようせい)

刺胞動物(しほうどうぶつ)などの受精卵が成長すると、体表に繊毛(せんもう)が生じて泳ぎ始めます。このころの幼生ことをプラヌラ幼生といいます。

close

斃死(へいし)

動物が突然死んでしまうこと。

close

母サンゴ

サンゴ返還プロジェクトで、移植用サンゴの元となる折る前の大きなサンゴ。母サンゴから折ったサンゴ片を、沖縄の海へ移植している。移植用サンゴと母サンゴは同じ遺伝子型(DNA)のため、クローンとなる。サンシャイン水族館での呼び方。

close

親サンゴ(おやさんご)

サンゴ礁再生プロジェクトで、産卵させるために育てているサンゴ。サンシャイン水族館での呼び方。

close

優占種(ゆうせんしゅ)

色々な生物が集まっている環境の中で、最も数が多い種類のこと。

close

バンドル

サンゴの卵。卵子と精子が入った2mmぐらいのカプセル。海面ではじけて受精します。

close

個体識別(こたいしきべつ)

1個体1個体を区別すること。

close

活着(かっちゃく)

枝打ちしたサンゴがしっかりと土台や岩盤につくこと。

close

サンゴの加入量を増やす

サンゴの加入とは、有性生殖によって誕生したプラヌラ幼生が海中を遊泳、海底や岩盤に着底し、ある海域に新たに加わることを指します。健全なサンゴ礁では有性生殖による加入する量と、死滅による減少する量のバランスがとれていますが、現在自然界のサンゴ数が減少しているため、有性生殖により新たに加入する量が少ないことがサンゴ礁保全の課題となっています。

close

ひび建て式

海底に鉄筋とパイプを立て、そこに育成させるサンゴをセットしていく方法。

close

サンシャイン水族館サンゴプロジェクト

南国のリゾート地の海に広がる美しいサンゴ礁。ダイビングでも人気のスポットです。
そしてサンゴ礁はたくさんの生き物が暮らす、とても大切なところ。
しかし、近年サンゴ礁は温暖化や環境汚染などさまざまな影響により、減ってきています。
サンシャイン水族館ではサンゴ礁の再生に向け、さまざまな活動をしています。

南国のリゾート地の海に広がる美しいサンゴ礁。ダイビングでも人気のスポットです。そしてサンゴ礁はたくさんの生き物が暮らす、とても大切なところ。しかし、近年サンゴ礁は温暖化や環境汚染などさまざまな影響により、減ってきています。サンシャイン水族館ではサンゴ礁の再生に向け、さまざまな活動をしています。

お知らせ

NEW! 2017.08.10 サンゴメンテナンスの活動報告PDF(2017年6月)を公開しました。

NEW! 2017.08.10 サンゴが産卵している動画を公開しました。

NEW! 2017.01.26 サンゴメンテナンスの活動報告PDF(2016年12月)を公開しました。

NEW! 2017.01.26 2017.1.26 ホームページの改訂を行いました。

サンゴとは?

サンゴは海底にはえているので、植物と思われるかもしれませんが、実はイソギンチャクやクラゲの仲間であり、「刺胞(しほう)動物」と呼ばれる生き物です。そして1つ1つの「ポリプ」という小さな個体がくっつき合い、群体になったものが一般にサンゴと呼ばれています。

ポリプ

※小さな粒のひとつひとつが「ポリプ(サンゴの個体)」です。

サンゴは「褐虫藻(かっちゅうそう)」と呼ばれる植物プランクトンの一種と共同生活をしています。「褐虫藻」はサンゴに住まわせてもらう代わりに光合成で得たエネルギーをサンゴに与え、お互いに支えあって暮らしています。また、サンゴは二酸化炭素と海水中のカルシウムを取り込み石灰質の骨格をつくり成長していきます。このようなサンゴは「造礁(ぞうしょう)サンゴ」と呼ばれ、これらが集まりサンゴ礁を形成しています。

ポリプ説明

サンゴに迫る危機

豊かな海を形成するのに欠かせない、サンゴ礁。「海のゆりかご」とも呼ばれ、いろいろな生き物たちにとっての隠れ家や産卵場所となっています。
しかし、生き物がたくさん暮らすサンゴ礁が今、さまざまな影響により徐々に減少しています。その主な原因は3つ考えられています。

サンゴを脅(おびや)かす3つの脅威(きょうい)

サンゴの天敵オニヒトデ

サンゴの天敵オニヒトデ

オニヒトデはサンゴを食べることで知られ、近年異常発生したこともあり、サンゴが減る原因になっています。

土砂の流出

土砂の流出

農地や森林の伐採(ばっさい)などによる土砂の流出により、赤土(あかつち)の細かな粒子がサンゴの上に覆いかぶさることで、息ができず海が濁り光合成もできないことから、やがて死んでしまいます。

サンゴの白化

サンゴの白化

温暖化の影響により、水温が上昇しサンゴから「褐虫藻」がいなくなる現象です。この状態がしばらく続くと、サンゴが死んでしまいます。

サンゴがいなくなると…

豊かな海イラスト

矢印
矢印

サンゴが白化しはじめた海イラスト

矢印
矢印

サンゴが死に荒廃した海

サンゴが死んでしまうと、サンゴを隠れ家にしていた生き物がいなくなり、生態系が崩れ、やがて生き物のいない海になってしまいます。また、サンゴの体内にいる褐虫藻の光合成で、海水中の二酸化炭素を減らし酸素を生み出していますが、サンゴがいなくなると二酸化炭素を減らすこともできなくなります。そしてさらにこのような状態は温暖化が進む要因にもなるのです。

サンゴには無性生殖で殖える方法と、有性生殖で殖える方法の2通りあります。

サンゴの一生

サンゴの一生

■ 無性生殖

1個体から分裂等によって殖える方法です。自然界では台風等の自然災害により、強い流れがサンゴに当たることで、サンゴの枝が折れることもあります。折れたサンゴの中で状態の良いものは、その場で岩に再固着し成長をしていきます。

■ 有性生殖

一斉産卵により、受精した卵から個体が生まれる方法です。卵はプラヌラ幼生というものになり浮遊しますが、一定の期間を過ぎると岩に着底し成長をしていきます。

◎サンゴ返還プロジェクト………“無性生殖”の殖え方
◎サンゴ礁再生プロジェクト……“有性生殖”の殖え方

サンシャイン水族館では、上記2つの方法を用いて移植活動を行っています。

サンゴ返還プロジェクト…“無性生殖”の殖え方
サンゴ礁再生プロジェクト…“有性生殖”の殖え方

サンシャイン水族館では、上記2つの方法を用いて移植活動を行っています。

サンゴ返還プロジェクト

さまざまな脅威にさらされているサンゴの大量斃死(へいし)を食い止めるべく、サンシャイン水族館では2006年(旧サンシャイン国際水族館)からサンゴ礁の再生に向けて、水槽で育て殖やしたサンゴを沖縄の海へ還す活動を実施しています。

サンゴ返還プロジェクトの目標

沖縄県恩納村(おんなそん)の海に移植したサンゴが数年後に成長し、一斉産卵で浮遊した卵が流れ着いた新天地で定着することで、サンゴ礁再生の一端を担うことを目標としています。また、サンシャイン水族館に母サンゴを輸送し、水槽内飼育をすることで、自然災害等で恩納村の海のサンゴが死滅した場合の、DNAを保管する役割も担っています。

サンゴ礁イメージ

サンゴ増殖・移植までの流れ

サンゴ増殖・移植までの流れ

サンゴ増殖・移植までの流れ

枝打ちしたサンゴが成長してプレートにしっかり活着したら、いよいよ自然の海へ還ります。
下の写真は恩納村の海にサンゴを植え付けている様子です。

プレートに活着したサンゴを恩納村の海へ輸送します

プレートに活着したサンゴを
恩納村の海へ輸送します。

矢印
矢印

自然の岩に穴をあけ、プレートを岩にしっかりと固定します

自然の岩に穴をあけ、
プレートを岩にしっかりと
固定します。

矢印
矢印

サンゴを捕食するオニヒトデや魚類から守るため、サンゴが小さな時期はカゴを設置します

サンゴを捕食するオニヒトデや
魚類から守るため、サンゴが
小さな時期はカゴを設置します。

定期メンテナンス

恩納村に移植したサンゴは年に数回、清掃・成長記録のための写真撮影とサイズの測定をしています。

定期メンテナンスイメージ

定期メンテナンスイメージ

定期メンテナンスイメージ

サンゴの成長ペースはどのくらい?

サンゴの成長ペース2010年移植

サンゴの成長ペース2012年移植

サンゴの成長ペース2013年移植

サンゴの成長記録

恩納村の海では岩に移植したサンゴが活着し順調に成長しています。健全なサンゴ礁への回復に向けて、サンシャイン水族館ではこれからも「サンゴ返還プロジェクト」を続けていきます。

サンゴの成長記録2011年

2011年

矢印
矢印

サンゴの成長記録2015年

2016年

サンゴ礁再生プロジェクト

サンシャイン水族館では、「サンゴ返還プロジェクト」のほか、2014年12月から新たに「サンゴ礁再生プロジェクト」が始動しました。

サンゴ礁再生プロジェクトの目標

以前までは有性生殖による増殖は知見も少なく困難をきわめておりましたが、サンゴの研究が進み、近年では有性生殖による増殖も行われるようになりました。「サンゴ礁再生プロジェクト」では、サンゴの卵と精子が受精する有性生殖の方法を使ってサンゴを殖やし、サンゴ礁の再生を目指します。

サンゴの産卵

サンゴの産卵

プラヌラ

プラヌラ

赤ちゃんサンゴ

赤ちゃんサンゴ

サンゴ礁再生プロジェクトの方法

育てたサンゴが産卵したら卵を回収します

育てたサンゴが産卵します。
卵の一部は、水族館で育てます。

矢印
矢印

赤ちゃんサンゴを育てます

子サンゴが育ちます。

矢印
矢印

やがて育ったサンゴが産卵し、豊かなサンゴ礁の再生を目指します

やがて育ったサンゴが産卵し、
豊かなサンゴ礁の再生を目指します。

「サンゴ礁再生プロジェクト」ではサンゴの卵と精子を得るために、まずは親となるサンゴを育成するところからスタートします。そしてその親サンゴが産卵し、自然界でのサンゴの加入量を増やすとともに、得られる一部の卵を回収、サンシャイン水族館へと輸送し、サンゴの赤ちゃんを大切に育てます。成長した子サンゴは恩納村の海へ移植し、サンシャイン水族館の定期的な管理のもとで成長を見守ります。そして子サンゴたちが成長し、産卵を繰り返すことで、失われつつある豊かなサンゴ礁の再生を目指していきます。

親サンゴの選定

「サンゴ礁再生プロジェクト」で使われているサンゴの種類は、サンゴ礁の優占種(ゆうせんしゅ)でもあるミドリイシサンゴの仲間です。現在は3種類のミドリイシサンゴを選定しています。

クシハダミドリイシ

クシハダミドリイシ

アクロポーラ・ドネイ

アクロポーラ・ドネイ

ウスエダミドリイシ

ウスエダミドリイシ

沖縄のミドリイシサンゴの仲間は、毎年6月ごろに一斉に産卵していますが、産卵するときには卵と精子が詰まったバンドルというカプセルを放出します。1つのバンドル内の卵と精子は同じ親群体由来【=同じ遺伝子型(DNA)】のため、受精できませんが、水中では別の親群体由来【=異なる遺伝子型(DNA)】の卵と精子と出会うことができれば、受精ができるようになります。もちろん受精ができるのは同じ種類のサンゴとだけです。

産卵イメージイラスト

産卵時には卵と精子が詰まった
バンドルを放出します。

矢印
矢印

バンドルから卵と精子放出イメージイラスト

バンドルが割れると中の卵と
精子が水中へ飛び出します。

矢印
矢印

受精イメージイラスト

別の親由来の卵と精子に出会い
受精することができます。

「サンゴ礁再生プロジェクト」は、有性生殖を利用するため、親サンゴの選定はとても大切です。しかし種類は同じなので、見た目の違いはありません。では、いったいどようにして見分けるのかというと・・・サンゴ自身がもっている遺伝子型(DNA)を解析し、個体識別をしていきます。

サンゴの個体識別イメージ

サンゴの個体識別イメージ

サンゴ礁再生に欠かせない遺伝子型の判定〜沖縄科学技術大学(OIST)との協同研究〜

OISTイメージ

OISTイメージ

研究員の座安佑奈さん、新里宙也さん

これまでの人為的なサンゴ増殖活動には、同じ親群体由来のサンゴばかりが増えて遺伝的多様性が低下するなどの、影響があるのではないかと心配されている面もありました。しかしその多様性を測るための方法や、具体的な目標もこれまではありませんでした。



沖縄科学技術大学院大学 (OIST) マリンゲノミックスユニットでは2014年にミドリイシサンゴの色々な種類の遺伝的多様性を調べるための技術開発に成功し、南西諸島全域のサンゴ礁の現在の状態を調べています。



サンシャイン水族館では、以前より協力関係にあった沖縄県恩納村役場より沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニットを紹介していただき、共同研究契約を締結(ていけつ)いたしました。



沖縄科学技術大学院大学(OIST)マリンゲノミックスユニットの識別技術で遺伝子型が違うと判定された親群体を育成し、その卵と精子を集めて受精させることによって自然な状態に近いサンゴ礁再生のための努力をしています。

親サンゴの成長記録

2014年12月にスタートした「サンゴ礁再生プロジェクト」では、現在親サンゴを育成しています。そして、ついに2017年6月に産卵を確認いたしました! サンシャイン水族館では今後も「サンゴ礁再生プロジェクト」を続けていきます。

ひび建て式によるサンゴの育成

矢印
矢印

ひび建て式によるサンゴの育成

ひび建て式によるサンゴの育成

2017年6月 サンゴの産卵の様子

恩納村との活動

サンゴの成長ペースはどのくらい?

沖縄県恩納村では、恩納村漁業協同組合が中心となり、1969年よりサンゴ保全活動を実施しています。サンゴ礁にはたくさんの生物が暮らしており、豊かな漁場としての役割も担っています。漁業協同組合の皆さんは、日々の暮らしの中でサンゴ礁と密接に関わっているからこそ、サンゴが絶滅の危機に直面しているという異変に気付き、いち早くオニヒトデの駆除(くじょ)やサンゴの養殖を始めることができました。
オニヒトデはサンゴを食べてしまうため、年に数回、一斉に駆除を行います。多いときでは年に34万匹ものオニヒトデを駆除したことがあるそうですが、近年の駆除数は減少傾向にあり着実に成果がみられています。

オニヒトデの駆除

沖縄県の許可を受け、日本で初めてひび建て式のサンゴの養殖を始めました。大きく育てた母サンゴから殖やしたサンゴで、移植活動を行っています。

ひび建て式のサンゴの養殖

サンシャイン水族館の役割

サンシャイン水族館では恩納村漁業協同組合の協力のもと、2006年よりサンゴプロジェクトを実施し、恩納村産サンゴの常設展示をはじめました。サンシャイン水族館で展示・飼育をするということは、来館されたお客様が実際にサンゴを見て、知ることで何かを感じていただくとともに、恩納村サンゴのDNAを保管する役割もあります。自然災害や環境悪化の影響で恩納村海域のサンゴに大きなダメージがあった時など、サンシャイン水族館で保管している恩納村産サンゴの移植により、DNAの維持が可能となります。また「サンゴ礁再生プロジェクト」で育成した稚サンゴも一部DNAを保管する役割もかねて水族館で飼育を続けていきます。いつの日か、生まれも育ちもサンシャイン水族館のサンゴが恩納村の海で大きく育っていくことがあるかもしれません。

サンゴ幼生育成水槽

サンゴ幼生育成水槽

恩納村水槽

恩納村水槽

サンシャインシティと恩納村の取り組み

サンシャインシティでは、1人でも多くの方に沖縄のことを知っていただくため、沖縄県にスポットを当てたイベントを実施しています。イベントの1つとして年に1度、沖縄県PRイベント「沖縄めんそーれフェスタ」を開催しています。イベントを通して、沖縄やサンゴに興味を持っていただくことが、サンゴ礁の抱えている問題を解決する一歩だと私たちは考えています。今後も「サンゴ礁再生プロジェクト」によるサンゴ礁の回復や再生を願うとともに、多くのお客様へ知っていただけるよう力を注いでいきます。

ページ
トップへ
戻る