イベント

イベント検索結果

サンシャインシティ40周年/沖縄めんそーれフェスタ10周年記念 グロリアス琉球  


人間国宝監修による組踊と沖縄若手芸能家トップレベルの沖芸大琉球芸能専攻OB会が出演!
 
開催期間2018/05/26(土)
開催時間昼公演:14:00(開場13:30)
夜公演:18:00(開場17:30)
開催場所サンシャイン劇場    
料金全席自由 4,000円
※未就学児の入場は不可となります。
主催者サンシャインシティ/沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会
URLhttp://www.ii-okinawa.ne.jp/people/okigeidai-obkai/
沖縄めんそーれフェスタ10周年を記念して、琉球古典芸能の集大成の特別公演を開催!

公演には立方(舞踊)、歌三線、太鼓における人間国宝が監修。次々と繰り広げられる数々の琉球芸能は圧巻です。

【公演演目】
第1部 組踊 執心鐘入

約300年前、沖縄が「琉球王国」であった時代、琉球の歴史や故事、説話などを取り入れ、台詞・舞踊・音楽で構成され創られた歌舞劇が組踊(くみおどり)です。2010年ユネスコ無形文化遺産に登録され、世界の芸能として認められました。今回は、組踊の代表的名作とされる「執心鐘入」を上演。登場人物の紹介・内容等の説明を行い、初めての方でも分かりやすく鑑賞することができます。

第2部 琉球幻想絵巻 グロリアス琉球
初めて琉球舞踊が披露されたのが1404年。琉球王朝時代から現代までの琉球舞踊の歴史をたどります。2013年にはオーストラリア、シドニー、ダーウィンでの海外公演を実現し多くの観客を魅了しました。沖縄県文化観光戦略推進事業にて採択された作品です。
《構成》
水平線の彼方へ「琉球国王の誕生」
祝祭のはじまり「琉球王国の宴」
海渡る風~祈りの海「旅立つ海人(漁師)、見送る女たち」
太陽の鼓動「畑人(農家)と海人(漁師)の踊り」
民俗文化「獅子舞、武の舞、じゅり馬、エイサー」
躍動する未来「春や春」

【チケット取扱い場所※発売中】
キョードー東京:0570-550-799  http://kyodotokyo.com/
チケットぴあ:0570-02-9999(Pコード:638-713)
ローソンチケット:0570-084-003(Lコード:34430)
e+(イープラス) :http://eplus.jp/
チケットホン松竹:0570-000-489(オペレーター対応10:00-18:00)

●チケットに関するお問合せ
キョードー東京 0570-550-799(平日11時~18時 土日祝10時~18時)

【出演】
沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会

【監修】
立方  宮城能鳳  ※人間国宝 重要無形文化財「組踊立方」保持者(各個認定)
歌三線 城間德太郎 ※人間国宝 重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者(各個認定)
歌三線 西江喜春  ※人間国宝 重要無形文化財「組踊音楽歌三線」保持者(各個認定)
太鼓  比嘉 聰   ※人間国宝 重要無形文化財「組踊音楽太鼓」保持者(各個認定)

【主催】
サンシャインシティ / 沖縄県立芸術大学琉球芸能専攻OB会

【後援】
沖縄県 / 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー / 公益財団法人沖縄県文化振興会 / 恩納村 / 一般社団法人恩納村観光協会